最新情報

【解決実績】不貞行為を理由に慰謝料350万円を請求されていたが,100万円に減額できた事例

【相談前】

相談者様は妻子ある男性と不倫をしていましたが,不倫が発覚し,相手は離婚に至ってしまいました。

その後,不貞行為により離婚に至ったとして350万円の慰謝料請求をされてきました。

【相談後】

弁護士が事情を聞き取ると,不倫が発覚する前に相手方との間では既に離婚協議が進められ,子の受験が終わるまでは離婚時期を

先延ばしにしていたとのことであり,不倫発覚は離婚協議が煮詰まった後とのことでした。

そのため,不貞行為と離婚との間に因果関係はないと主張し,最終的には早期解決の観点から100万円の支払いで解決することになりました。

【コメント】

不貞行為により離婚に至った案件では200万円程度の慰謝料額が認められることが多々ありますが,事件特有の事情を適切に主張していき,

相場にとらわれない解決を目指していくことが重要です。

【解決事例】不貞相手から慰謝料150万円・妻からの慰謝料100万円の獲得

【相談前】
妻が別の男性と不貞をしたために、離婚を決意した男性からの相談です。
男性は、妻とは交際時から婚姻中も、特に問題になることもなく、円満に過ごしてきました。
ところが、男性が自宅を購入し、多額のローンを負うことになったために、長時間の仕事をするようになった頃から、妻の様子がおかしくなってきました。
男性が妻の様子を不審に思い、最近の生活状況を問いただしたところ、妻は別の男性と不貞をしていたことを認めました。

【相談後】
当事務所でお話をうかがい、男性が妻と離婚する意思があるかどうかを確認したところ、不貞をした妻に対する信頼関係は無くなったとのことで、離婚を選択することになりました。
その上で、妻と不貞相手の男性に対する慰謝料請求をする強いご希望があったことから、2人に対する慰謝料請求に向けて手続を進めていきました。
その結果、不貞相手から慰謝料150万円、妻からは慰謝料100万円を支払ってもらうことで最終的に解決に至りました。

【コメント】
不貞行為に対する慰謝料請求では、不貞行為をしたことが立証できるかどうか、また不貞行為が行われる前に婚姻関係が破綻していたかどうかなどの争点があります。
本件ではこれらの争点が問題となることはありませんでしたが、不貞行為に対する慰謝料請求は決して簡単に認められるわけではありません。
また、不貞行為を行った相手方に対する慰謝料請求では、どの程度の慰謝料額が認められる見通しが立つのかも検討する必要があります。

(解決実績)不倫を理由に慰謝料300万円を請求されたが30万円まで減額できた例

相談者様は相手方の配偶者と肉体関係を有していましたが,その期間はわずか1月でした。相手方は相談者様の不倫が原因で離婚に至ったとして300万円の慰謝料請求をされました。

依頼を受けた弁護士としては,弁護士をつけなかった相手方と直接交渉しました。肉体関係を持つ前から夫婦関係が破綻していたこと,元配偶者から慰謝料名目の金員の支払いをうけていたこと等の主張をし,結果として30万円まで減額することに成功しました。

依頼から解決までの期間は1月でした。

(解決実績)不貞相手から慰謝料150万円を回収した例

相談者様の配偶者が職場の上司と不倫関係になり,その関係が4月程継続しました。その後,配偶者のLINEを見た相談者様は不倫の事実に怒り,不倫相手に慰謝料請求をしたいと希望をし,当事務所に相談に来られました。なお,相談者様は子も小さく離婚をすることは躊躇している状況でした。

不倫相手にも配偶者がいましたが,不倫相手の配偶者は不倫の事実を知らないようでしたので,依頼を受けた弁護士は同配偶者に発覚しないように通知書を不倫相手に送付せず,電話で相手との交渉を開始しました。不貞相手に通知書を送付しなかったのは不貞相手の配偶者に発覚すると相談者様の配偶者様に慰謝料請求をしてくる可能性があり,それを回避するためでした。交渉の結果,不倫相手は不倫の事実を認めて謝罪をし,150万円を相手方から回収しました。

依頼から慰謝料の回収までの期間は1月程度でした。

(解決事例)不貞相手に別れを切り出すと妊娠中絶の慰謝料・手切れ金として500万円の請求をされた案件の対応

(相談前)相談者様は不貞相手と3年程不倫を継続していましたが,配偶者との関係をやり直したいと考え,不貞相手に別れを切り出しました。そうすると,不貞相手は逆上し,過去に妊娠中絶させた件での慰謝料と手切れ金として500万円の慰謝料請求をされていました。これに応じない場合は妻に不倫関係をばらすと脅されていました。不貞相手の対応につき当事務所に相談を依頼されました。

(相談後)不貞相手に過去に50万円程妊娠中絶の医療費を支払っていること,妊娠中絶は両者の合意でなされた以上は折半であるべきこと,慰謝料支払義務は一切ないことを主張し,不貞相手に支払うべき金員は一切ない旨を,弁護士は不貞相手に直接伝えて交渉をしました。本来支払うべきものはないとの認識でしたが,相手との交渉の結果,20万円を支払えばすべて終わりにするという回答を得られたので,相談者様の了承を得て20万円を支払う代わりに,口外禁止・相談者様の親族等への接触禁止・LINEや写真の削除・20万円の支払義務を除き何ら支払うべきものはない旨の清算条項を内容とする合意が成立しました。

(ポイント)不貞相手からの高額な慰謝料・手切れ金・恐喝への対応を一人で抱えることは精神的に苦しいかと思います。一人で抱え込まずに相談をしてみてください。

(解決実績)接触禁止条項違反で違約金3500万円を請求されたが,150万円に減額できた事例

相談者様は相手方の配偶者と不倫関係にあり,当事務所に依頼前に慰謝料として300万円を支払っていました。

そして,合意書において配偶者との接触禁止条項が設けられ,同条項に違反すると違反の都度違約金として50万円を支払うという内容になっていました。

しかし,相談者様は接触禁止条項に違反してしまい,結果として3500万円の違約金を請求されたため,当事務所に相談に来られました。

依頼を受けた弁護士としては過去の裁判例等をもとに粘り強く交渉をした結果,150万円まで違約金の減額に成功しました。

解決までの期間は依頼から2月程度でした。

接触禁止条項違反は相手方をさらに傷つけるものであり決してしてはいけないものかと思いますが,罪を憎んで人を憎まずというのが当事務所のスタンスでありますので,

一人で悩まず当事務所までお問合せください。

 

(解決実績)配偶者の不貞を理由に離婚・300万円の慰謝料を回収した例

配偶者の不貞行為を理由に,相談者様は離婚・慰謝料の回収を希望して当事務所に相談・依頼をされました。

離婚に関しては特に争いはありませんでしたが,不貞期間・婚姻期間が短期間等の事情もあり,慰謝料を150万円しか払わないと

反論してきました。

しかし,交渉の結果,300万円まで慰謝料額を増額させることができました。

解決にかかった期間は依頼から3月でした。

なお,本件は離婚案件ですが,慰謝料の回収のみが事実上の争点であったことから,着手金無料で依頼を受けました。

 

(解決実績)配偶者の不貞・モラハラを理由に離婚調停で離婚・親権獲得を実現した例

相談者様は配偶者の不貞・モラハラに耐え切れずに離婚をしたいと考え,当事務所に相談・依頼をされました。

当事務所は別居のタイミング・財産分与等の証拠収集のアドバイスをし,準備が完了した時点で相手方と交渉を開始しました。

相手方は離婚に強固に反対されていたこと,婚姻費用の負担もしないと強硬の姿勢を取られたことから,交渉を1週間程度で打ち切り,離婚調停に移行をしました。

離婚調停においては証拠をもって相手の不貞・モラハラを示す事情を詳細に主張をしていきました。また,親権も争いになっていたので,監護実績・子の意思等の事情を詳細に主張をし

ていきました。

その結果,相手は離婚に渋々納得され,親権も無事に獲得できました。

解決にかかった時間は依頼から6月でした。