最新情報

(解決実績)接触禁止条項違反で違約金3500万円を請求されたが,150万円に減額できた事例

相談者様は相手方の配偶者と不倫関係にあり,当事務所に依頼前に慰謝料として300万円を支払っていました。

そして,合意書において配偶者との接触禁止条項が設けられ,同条項に違反すると違反の都度違約金として50万円を支払うという内容になっていました。

しかし,相談者様は接触禁止条項に違反してしまい,結果として3500万円の違約金を請求されたため,当事務所に相談に来られました。

依頼を受けた弁護士としては過去の裁判例等をもとに粘り強く交渉をした結果,150万円まで違約金の減額に成功しました。

解決までの期間は依頼から2月程度でした。

接触禁止条項違反は相手方をさらに傷つけるものであり決してしてはいけないものかと思いますが,罪を憎んで人を憎まずというのが当事務所のスタンスでありますので,

一人で悩まず当事務所までお問合せください。

 

(解決実績)配偶者の不貞を理由に離婚・300万円の慰謝料を回収した例

配偶者の不貞行為を理由に,相談者様は離婚・慰謝料の回収を希望して当事務所に相談・依頼をされました。

離婚に関しては特に争いはありませんでしたが,不貞期間・婚姻期間が短期間等の事情もあり,慰謝料を150万円しか払わないと

反論してきました。

しかし,交渉の結果,300万円まで慰謝料額を増額させることができました。

解決にかかった期間は依頼から3月でした。

なお,本件は離婚案件ですが,慰謝料の回収のみが事実上の争点であったことから,着手金無料で依頼を受けました。

 

(解決実績)配偶者の不貞・モラハラを理由に離婚調停で離婚・親権獲得を実現した例

相談者様は配偶者の不貞・モラハラに耐え切れずに離婚をしたいと考え,当事務所に相談・依頼をされました。

当事務所は別居のタイミング・財産分与等の証拠収集のアドバイスをし,準備が完了した時点で相手方と交渉を開始しました。

相手方は離婚に強固に反対されていたこと,婚姻費用の負担もしないと強硬の姿勢を取られたことから,交渉を1週間程度で打ち切り,離婚調停に移行をしました。

離婚調停においては証拠をもって相手の不貞・モラハラを示す事情を詳細に主張をしていきました。また,親権も争いになっていたので,監護実績・子の意思等の事情を詳細に主張をし

ていきました。

その結果,相手は離婚に渋々納得され,親権も無事に獲得できました。

解決にかかった時間は依頼から6月でした。

(解決実績)合意のうえで性行為をしたつもりが,強姦(強制性交等罪)で刑事告訴すると言われた件

合意の上で女性と関係を持ったある男性が、その後女性から「合意はなかった、告訴する。中絶もさせられたから500万円の慰謝料請求する」と言われ、私のところに相談に来ました。
私がじっくり男性から話を聞いてみると、○○という事情等(特定防止のために伏せます)から、放っておいてもおそらく大したことにはならないと、お答えしたものの、あまりにその男性が心配されるので、「今後の社会生活を安心して送るために、ある程度の解決金で解決する方向もありますが」と提案しました。
男性が強く解決を望まれたので、交渉の結果、もちろん告訴しない約束と今後の一切の請求をしない内容を盛り込んだ上で、2月後に、中絶費用の半分である10万円の解決金で示談することができました。
示談書の作成、示談金の支払いなど全て私の方で担当し、男性は一度もその女性に会うこともなく、滞りなく示談が成立しました。
性行為を伴うトラブルは多いです。トラブルが生じた際に不安であれば弁護士に一度相談するのも手です。

(解決実績)訴訟で不貞行為を理由に慰謝料350万円請求されていたが,100万円に減額できた例

相談者様は妻子のある男性と不倫関係に陥っていたところ,それを探偵を通じて知った相手方である妻は夫と離婚するとともに相談者様に

350万円の慰謝料請求を弁護士を通じてしてきました。

独力で相手方の弁護士と戦えない相談者様は当事務所に相談をされました。

弁護士は,相手方の妻が相談者様の不倫より前に不倫をしていたことから,本件は婚姻関係破綻後の不貞であることを主張して,探偵費用相当額の解決金50万円での

解決を相手方に提案しましたが,相手方は離婚慰謝料の相場である200万円以下の提示では納得せず,訴訟提起をしてきました。

訴訟においても同様の主張をし,平行線をたどりましたが,相談者様が早期解決を希望されたこと,また,不倫相手の夫が相手方の不倫相手に慰謝料請求をすることを交渉の材料として

100万円を相談者様が相手方に支払う形で訴訟としては比較的早期に解決ができました。

解決にかかった期間は依頼から4月でした。

(解決事例)不貞慰謝料として500万円請求されていたが,100万円まで減額できた事例

相談者は,妻子のいる男性と妻子がいることを認識しながら不倫関係になりました。

関係は2年程度続きますが,相手方である妻に発覚し,一度今後は二度と夫と接触しない旨誓約書を相手方と取り交わしました。

しかし,この誓約書に反し,上記男性と関係を継続した結果として,500万円の慰謝料請求をされました。

当該状況のもとで相談者は弁護士に依頼されましたが,弁護士は不貞期間等の事情を詳細に聴取して,依頼者に有利なポイントを主張していきました。

その結果として500万円の請求を100万円まで減額することができました。

依頼から解決までの期間は4月でした。

(解決事例)不貞を理由とする慰謝料請求で相手方から300万円を回収した事例

相談者様の配偶者が3年程不倫を継続していましたが,配偶者の携帯電話を相談者様が偶然見たことにより不貞が発覚しました。

相談者は不貞を理由として即座に離婚をされましたが,不貞相手をどうしても許すことができず,当事務所に相談をされました。

当弁護士は依頼を受けてから直ちに不貞相手に請求・交渉を開始し,結果として相手方から300万円の慰謝料を回収できました。

解決期間は依頼から約1月です。

(解決事例)離婚予定はないが不貞相手から100万円の慰謝料を獲得した事例

相談者様の配偶者は1月程度の間不倫をしていましたが,相談者様に発覚したところ,配偶者は反省して相談者様に自白をしました。

このような配偶者の態度から相談者様は離婚はしないことにしましたが,不貞相手とけじめをつけたいということで弁護士に相談をされました。

依頼を受けた弁護士は即座に不貞相手と交渉をし,慰謝料100万円・配偶者との接近禁止を内容とする示談を成立させました。

依頼から解決までの期間は1月でした。

(解決事例)離婚事案で幼児(2歳)につき父親に親権が認められた例

妻が性格の不一致や価値観の違い等を理由に子を置いて別居をしていたところ,その2月後に相談者様側(父親)から子を連れ去ろうとしました。

このような経緯から相談者様は弁護士に依頼をされました。

依頼を受けて即日に弁護士は妻に電話をかけ,子の無断連れ去りが親権判断等にどのような不利益が生じるのかを説明・警告をしました。当然に,内容証明でも即日子の連れ去りをしないように警告をしました。

その後,妻側から離婚調停申立て,子の引渡し・監護権者指定の審判申立てがされ,親権・監護権につき長期的な争いになりましたが,母親の身勝手な別居の経緯・母親側での育児環境が劣悪であること等を徹底的に主張をし,親権判断において幼児につき母親優先の原則を形式的に当てはめるべきでないことを裁判所に強調した結果として,子の引渡し・監護権者指定の審判を却下させ,親権も相談者様(父親)とする離婚調停が成立しました。

依頼から解決までの期間は1年間でした。親権が争点となる離婚案件は長期化する傾向にあるかと思います。