トラブル解決

不倫相手から脅迫・恐喝・ストーカー行為をされている方へ

関係が悪化した不倫・交際相手とのトラブル解決に向けて

不倫・交際相手から暴行・脅迫・恐喝・付きまとい・多額の慰謝料請求を受けた方へ(被害者側)

仙台 弁護士 法律事務所 不倫 不貞 離婚 慰謝料 相談 窓口 仙台駅

暴行・脅迫等の犯罪行為や不当な要求をする不倫・交際相手に対しては、弁護士ならではの対処法があります。依頼後即日での弁護士による警告書の送付、ストーカーについては警察による中止命令発令をこぎ着けるまでの警察への被害申告、警察が動き出すことを判断するための資料提供、警察の捜査や被害者保護活動への各種要望の提出、それらのための警察への同行、相手方からの接触に対する対応策のアドバイス、刑事告訴など、やるべきこと、できることはたくさんあります。

犯罪行為や不当要求に対しては、相手の要求に応じていては、被害が拡大するばかりです。依頼者様の生活の平穏を取り戻すべく法的措置を検討する流れになります。

不倫・交際相手に暴行・脅迫・恐喝・付きまといをして警察沙汰になった方へ(加害者側)

刑事事件はスピード、特に初動対応がもっとも大切です。状況は一刻ごとに変化します。悪化させて取り返しがつかなくなる前に、早期の対応を心がけるべきです。特に,被害者との示談交渉が必要な事案では、早期に弁護士に依頼して、被害者への対応に当たることが結果を左右します。刑事弁護の具体的内容については 刑事事件専門サイトをご覧ください。

仙台 弁護士 法律事務所 不倫 不貞 離婚 慰謝料 相談 窓口 仙台駅

不倫相手からの脅迫や高額な慰謝料請求を封じ込めた事例

相談者が謝罪文を書くことで、
慰謝料請求もしないし今後二度と連絡もしないし口外もしないと約束させる事に成功。
相談から解決までの期間は5日

詳細はこちら

不倫相手からの執拗な付きまといの被害を解決できた事例

二度と相談者様に接近しない、接近した場合は300万円の違約金を支払う旨の合意が成立。
相談から解決までの期間は1週間

詳細はこちら

不倫相手による中絶を理由とする慰謝料請求を全額放棄させた例

中絶費用の実費分は相談者様が負担。
相手方は慰謝料請求権を全額放棄、今後の接触連絡の禁止を内容とする示談が成立。
相談から解決までの期間は約4月

詳細はこちら

交際相手と口論の末に暴行により怪我をさせて被害届を提出されたが、
示談により不起訴で終結した例

治療費・休業損害・慰謝料等を含めた解決金を支払うこと、二度と被害女性と接触しないことを条件として示談が成立。
被害届の取下げに同意をしていただき、不起訴で終結。

詳細はこちら

  • 1.不倫相手から脅迫・恐喝・付きまとい・慰謝料請求をされている方のための対応(被害者側)

    ① 相談料 一回につき5000円
    ※ 依頼に至った場合は相談料を全額着手金に充当します。

    ② 基本費用(刑事告訴含む)32.4万円(税込)

    ③ 架電禁止の仮処分申立・接近禁止の仮処分申立をする場合

    • 追加基本費用16.2万円
    • 別途裁判所が定める担保金が必要になります。

    ④ 相手方から請求された慰謝料を減額できた場合
    減額できた金額の10.8%(税込)

  • 2.不倫相手に暴行・脅迫・恐喝・付きまといをして警察沙汰になったことへの対応(加害者側)

    ① 脅迫・付きまとい等を認めている場合

    • 相談料
      一回につき5000円
      ※ 依頼に至った場合は相談料を全額着手金に充当します。
    • 着手金
      32.4万円(税込)
    • 報酬
      ㋐不起訴で終結した場合のみ32.4万円(税込)
      ㋑逮捕されている場合で依頼から1週間以内に釈放に成功した場合は
      追加報酬として21.6万円(税込)
      依頼から1月以内に釈放に成功した場合は追加報酬として10.8万円(税込)

    ② 脅迫・付きまとい等を否認している場合

    • 相談料
      一回につき5000円
      ※ 依頼に至った場合は相談料を全額着手金に充当します。
    • 着手金
      ㋐捜査段階27万円(税込)
      ㋑公判段階37.8万円(税込)
    • 報酬
      ㋐不起訴の場合は32.4万円(税込)
      ㋑無罪の場合は75.6万円(税込)

    刑事事件専門サイトも参考にしてください。