解決実績

(解決事例)不倫相手による中絶を理由とする慰謝料請求を全額放棄させた例

相談者様は不倫相手と4年間交際していましたが,不倫相手を妊娠させてしまいました。

相談者様は不倫相手に中絶を強く主張し,不倫相手は渋々それに応じたようです。これが原因で不倫関係は終了しましたが,中絶強要を理由に

不倫相手は500万円の慰謝料請求をすると同時に相談者様の配偶者に不倫の事実を告げると言ってきました。

対応に困った相談者様は当事務所に相談をされました。

依頼を受けた弁護士は過去の裁判例等を根拠に中絶を理由とする慰謝料請求は本件の事情からは認められにくいこと,配偶者に不倫の事実を告げる

ということだが長期間の不貞と妊娠の事実からすると逆に相手方自身が多額の慰謝料を払わざるをえない立場になる等と交渉をしました。

交渉は長引きましたが,中絶費用の実費分は相談者様が負担すること,相手方は慰謝料請求権を全額放棄すること,今後の接触連絡の禁止を内容とする

示談が成立しました。

相談から解決までにかかった期間は約4月でした。