コラム

内縁破棄等を理由とする慰謝料請求

好意を抱いていた異性と同棲を続け,事実婚状態の方もいるかと思います。しかし,不当に急に別れを切り出されて傷つき,慰謝料請求を考える方もおられる方と思います。では,どのような場合に慰謝料請求が認められるのでしょうか。

1 そもそも内縁が成立しているのか

内縁とは法的には、「夫婦となる意思をもって夫婦共同生活を送っているものの、婚姻届を出していないために、法律上婚姻しているとは認められない男女の関係」をいいます。ここで、結婚の約束にとどまる婚約と、実際に夫婦としての共同生活を送っている内縁とは区別されます。また、夫婦となる意思をもって夫婦としての共同生活を送っているかどうかにより、単なる同棲とも区別されます。もっとも、同棲か内縁かの判断は微妙なことが多く、内縁と認められるには一定のハードルがあります。
実際に裁判になると共同生活の期間やその内実,家計の同一性,親族との関係、子の有無のような事情を考慮して、内縁が成立していると認められるかどうかが判断されています。

2 そもそも内縁が不当に破棄されたといえるのか

慰謝料の請求が認められるためには、正当な理由なく内縁が不当に破棄されたことが必要です。内縁が破棄される場合の全てについて、慰謝料の請求が認められるわけではないことに注意が必要です。内縁の破棄が正当な理由のないものかどうかは、その理由の具体的内容や原因、方法等を踏まえて判断されます。内縁破棄については、例えば、内縁期間中に、風俗店の利用や盗撮を繰り返し相手方の信頼を失った上、信頼回復に向けた努力が見られないというケースや、男性の父親の暴言などが原因となり内縁関係が破たんしたケースでは、正当な理由のない内縁破棄であると認められた裁判例があります。

3 内縁関係の状況で不貞相手に慰謝料請求は可能か

内縁関係が成立していると法的に評価できれば,不貞相手に慰謝料請求をなすことは可能です。