コラム

離婚に伴う慰謝料

離婚にともなう慰謝料とは、配偶者の有責行為(結婚している人と浮気、不倫などの不貞行為)によって「離婚を余儀なくされたために被る精神的苦痛に対する損害賠償」のことです。
とはいえ、慰謝料は離婚する際に必ず支払われるものとは限りません。また、有責行為の程度によっては、慰謝料が認められないこともありますので注意が必要です。慰謝料については離婚協議・離婚調停の中で離婚等の問題と同時に解決を図ることも可能です。

1 慰謝料請求が認められない場合

・不倫より前に婚姻関係がすでに破綻していた。
・不倫相手が婚姻している事実を知らなかった。
・夫婦のどちらにも有責行為(結婚している人と浮気、不倫などの不貞行為)の理由はないけれど、性格の不一致や価値観の相違で離婚するなど、離婚理由が夫婦どちらの責任ともいえない。
・配偶者の有責行為(結婚している人と浮気、不倫などの不貞行為)が原因で慰謝料を請求し、慰謝料がすでに支払われ、受け取っている。

2 消滅時効

離婚にともなう慰謝料請求は、3年で時効となりますので、原則、離婚が成立した日から3年を経過してしまうと、慰謝料を請求することができません。もし、時効完成間近である場合には、訴訟といった時効中断の手続をとる必要があります。

3 慰謝料が高額になる要素の例

① 婚姻期間が長いと精神的苦痛の度合いは大きいとされ、慰謝料が高額となる傾向があります。
② 慰謝料を請求される側の年収が高いほど、慰謝料が高額となる傾向があります。
③ 慰謝料を請求する側の年齢が高いほど、慰謝料が高額となる傾向があります。
④ 慰謝料を請求される側の社会的地位が高かったり、収入が高いと思われる職業に就いている場合、慰謝料が高額となる傾向があります。
⑤ 養育が必要な子の数が多いほど、慰謝料が高額となる傾向があります。
⑥ 不倫で慰謝料が高額になりうる場合
・不倫の期間が長期に及ぶ。
・不倫が原因で夫婦が別居に至った。
・不倫相手と同棲している。
・不倫などの不貞行為を知ったことによる精神障害(鬱病など)を患った。
⑦ DV(身体的暴力)・モラハラ(精神的暴力)で慰謝料が高額になりうる場合
・DV、モラハラの頻度が多い、または期間が長期に及ぶ。
・暴力行為を受けた側に特別な落ち度がなく、DV,モラハラが始まった。
・DV、モラハラによるケガ、後遺症などの程度が重い、または精神障害(鬱病など)を患った。
⑧ 悪意の遺棄で慰謝料が高額になりうる場合
・別居期間が長期に及ぶ。
・悪意の遺棄を受けた側に特別な落ち度がないにも関わらず、別居に至った。
・専業主婦(または専業主夫)であるために収入がないにも関わらず、生活費を渡さない。
・健康であるにもかかわらず働かない。