解決実績

(解決実績)合意のうえで性行為をしたつもりが,強姦(強制性交等罪)で刑事告訴すると言われた件

合意の上で女性と関係を持ったある男性が、その後女性から「合意はなかった、告訴する。中絶もさせられたから500万円の慰謝料請求する」と言われ、私のところに相談に来ました。
私がじっくり男性から話を聞いてみると、○○という事情等(特定防止のために伏せます)から、放っておいてもおそらく大したことにはならないと、お答えしたものの、あまりにその男性が心配されるので、「今後の社会生活を安心して送るために、ある程度の解決金で解決する方向もありますが」と提案しました。
男性が強く解決を望まれたので、交渉の結果、もちろん告訴しない約束と今後の一切の請求をしない内容を盛り込んだ上で、2月後に、中絶費用の半分である10万円の解決金で示談することができました。
示談書の作成、示談金の支払いなど全て私の方で担当し、男性は一度もその女性に会うこともなく、滞りなく示談が成立しました。
性行為を伴うトラブルは多いです。トラブルが生じた際に不安であれば弁護士に一度相談するのも手です。

(解決実績)訴訟で不貞行為を理由に慰謝料350万円請求されていたが,100万円に減額できた例

相談者様は妻子のある男性と不倫関係に陥っていたところ,それを探偵を通じて知った相手方である妻は夫と離婚するとともに相談者様に

350万円の慰謝料請求を弁護士を通じてしてきました。

独力で相手方の弁護士と戦えない相談者様は当事務所に相談をされました。

弁護士は,相手方の妻が相談者様の不倫より前に不倫をしていたことから,本件は婚姻関係破綻後の不貞であることを主張して,探偵費用相当額の解決金50万円での

解決を相手方に提案しましたが,相手方は離婚慰謝料の相場である200万円以下の提示では納得せず,訴訟提起をしてきました。

訴訟においても同様の主張をし,平行線をたどりましたが,相談者様が早期解決を希望されたこと,また,不倫相手の夫が相手方の不倫相手に慰謝料請求をすることを交渉の材料として

100万円を相談者様が相手方に支払う形で訴訟としては比較的早期に解決ができました。

解決にかかった期間は依頼から4月でした。

(解決事例)不貞慰謝料として500万円請求されていたが,100万円まで減額できた事例

相談者は,妻子のいる男性と妻子がいることを認識しながら不倫関係になりました。

関係は2年程度続きますが,相手方である妻に発覚し,一度今後は二度と夫と接触しない旨誓約書を相手方と取り交わしました。

しかし,この誓約書に反し,上記男性と関係を継続した結果として,500万円の慰謝料請求をされました。

当該状況のもとで相談者は弁護士に依頼されましたが,弁護士は不貞期間等の事情を詳細に聴取して,依頼者に有利なポイントを主張していきました。

その結果として500万円の請求を100万円まで減額することができました。

依頼から解決までの期間は4月でした。

(解決事例)不貞を理由とする慰謝料請求で相手方から300万円を回収した事例

相談者様の配偶者が3年程不倫を継続していましたが,配偶者の携帯電話を相談者様が偶然見たことにより不貞が発覚しました。

相談者は不貞を理由として即座に離婚をされましたが,不貞相手をどうしても許すことができず,当事務所に相談をされました。

当弁護士は依頼を受けてから直ちに不貞相手に請求・交渉を開始し,結果として相手方から300万円の慰謝料を回収できました。

解決期間は依頼から約1月です。

(解決事例)離婚予定はないが不貞相手から100万円の慰謝料を獲得した事例

相談者様の配偶者は1月程度の間不倫をしていましたが,相談者様に発覚したところ,配偶者は反省して相談者様に自白をしました。

このような配偶者の態度から相談者様は離婚はしないことにしましたが,不貞相手とけじめをつけたいということで弁護士に相談をされました。

依頼を受けた弁護士は即座に不貞相手と交渉をし,慰謝料100万円・配偶者との接近禁止を内容とする示談を成立させました。

依頼から解決までの期間は1月でした。

(解決事例)離婚事案で幼児(2歳)につき父親に親権が認められた例

妻が性格の不一致や価値観の違い等を理由に子を置いて別居をしていたところ,その2月後に相談者様側(父親)から子を連れ去ろうとしました。

このような経緯から相談者様は弁護士に依頼をされました。

依頼を受けて即日に弁護士は妻に電話をかけ,子の無断連れ去りが親権判断等にどのような不利益が生じるのかを説明・警告をしました。当然に,内容証明でも即日子の連れ去りをしないように警告をしました。

その後,妻側から離婚調停申立て,子の引渡し・監護権者指定の審判申立てがされ,親権・監護権につき長期的な争いになりましたが,母親の身勝手な別居の経緯・母親側での育児環境が劣悪であること等を徹底的に主張をし,親権判断において幼児につき母親優先の原則を形式的に当てはめるべきでないことを裁判所に強調した結果として,子の引渡し・監護権者指定の審判を却下させ,親権も相談者様(父親)とする離婚調停が成立しました。

依頼から解決までの期間は1年間でした。親権が争点となる離婚案件は長期化する傾向にあるかと思います。

(解決事例)交際相手と口論の末に暴行により怪我をさせて被害届を提出されたが,示談により不起訴で終結した例

相談者様は交際相手と別れ話をきっかけに口論をしてしまい,カッとなって交際相手の顔面を殴打して全治2週間の怪我を負わせてしまいました。
交際相手は成人でしたが,両親がこの件に立腹されて警察に被害届を提出されました。
今後の処分が不安になった相談者様が当事務所に来所され,刑事弁護を依頼されました。
依頼を受けた弁護士は相手方とその両親に謝罪をし,治療費・休業損害・慰謝料等を含めた解決金を支払うこと,二度と被害女性と接触しないことを条件として
示談を成立させ,被害届の取下げに同意をしていただきました。
その結果,不起訴で終結しました。

(解決事例)不倫相手による中絶を理由とする慰謝料請求を全額放棄させた例

相談者様は不倫相手と4年間交際していましたが,不倫相手を妊娠させてしまいました。

相談者様は不倫相手に中絶を強く主張し,不倫相手は渋々それに応じたようです。これが原因で不倫関係は終了しましたが,中絶強要を理由に

不倫相手は500万円の慰謝料請求をすると同時に相談者様の配偶者に不倫の事実を告げると言ってきました。

対応に困った相談者様は当事務所に相談をされました。

依頼を受けた弁護士は過去の裁判例等を根拠に中絶を理由とする慰謝料請求は本件の事情からは認められにくいこと,配偶者に不倫の事実を告げる

ということだが長期間の不貞と妊娠の事実からすると逆に相手方自身が多額の慰謝料を払わざるをえない立場になる等と交渉をしました。

交渉は長引きましたが,中絶費用の実費分は相談者様が負担すること,相手方は慰謝料請求権を全額放棄すること,今後の接触連絡の禁止を内容とする

示談が成立しました。

相談から解決までにかかった期間は約4月でした。

(解決実績)不倫相手からの執拗な付きまといの被害を解決できた事例

相談者様は不倫相手と別れましたが,その後も執拗に連絡をされたり,自宅まで付きまとい行為をされるようになりました。

恐怖を覚えた相談者様は当事務所まで当該付きまといの対応の相談をされました。また,当該行為に対して元不倫相手に慰謝料請求も希望されました。

依頼を受けた弁護士としては弁護士名での内容証明での警告文を依頼即日に送付し,書面が届いたころに相手と実際に交渉を開始しました。

結果として,不倫相手と二度と相談者様に接近しない,接近した場合は300万円の違約金を支払う旨の合意が成立しました。

なお,慰謝料について相手は支払う意思は一切ないと述べたこと,慰謝料にごたわり相手を刺激すぎると付きまとい行為が再開するリスクがあることから

相談者様には慰謝料請求自体は諦めてもらうことにしました。

相談から解決までに要した期間は1週間でした。

(解決事例)不倫相手からの脅迫や高額な慰謝料請求を封じ込めた事例

相談者様は配偶者がいる立場でしたが,不貞行為を4年程継続していました。相談者様は既婚者であることを隠して相手方と交際をしていましたが,

それが不貞相手に発覚してしまいました。

不貞相手としては「既婚者であることを隠して交際していたこと」に非常に立腹をし,相談者の配偶者や勤務先に不貞の事実をバラす,それが嫌なら800万円の

慰謝料を支払えと口頭やLINEで脅してきました。また,相談者様のSNSで本件不貞をほのめかすような書き込みが頻繁にされるようになりました。

独力で対応できなくなったために当事務所に相談されました。

不貞相手の上記行為は恐喝罪に該当する可能性が高かったために依頼から即日内容証明郵便で警告書を不貞相手に送付し,今後SNSへの書き込みや脅迫行為を継続するようで

あれば直ちに刑事告訴・損害賠償請求等の法的措置を取ると伝えました。また,電話でも即日相手方と交渉をしました。

相談者様は解決金として100万円を支払っていいという意向がありましたが,交渉の結果として,相手は謝罪文を書いてもらえれば慰謝料請求もしないし今後二度と連絡もしないし

口外もしないと約束をしました。

相談から解決までの期間は5日でした。結果を必ず保証できるわけではありませんが,このような類の案件については早急に弁護士に相談されることが精神的にも吉かと思います。