解決実績

(解決事例)不貞相手に別れを切り出すと妊娠中絶の慰謝料・手切れ金として500万円の請求をされた案件の対応

(相談前)相談者様は不貞相手と3年程不倫を継続していましたが,配偶者との関係をやり直したいと考え,不貞相手に別れを切り出しました。そうすると,不貞相手は逆上し,過去に妊娠中絶させた件での慰謝料と手切れ金として500万円の慰謝料請求をされていました。これに応じない場合は妻に不倫関係をばらすと脅されていました。不貞相手の対応につき当事務所に相談を依頼されました。

(相談後)不貞相手に過去に50万円程妊娠中絶の医療費を支払っていること,妊娠中絶は両者の合意でなされた以上は折半であるべきこと,慰謝料支払義務は一切ないことを主張し,不貞相手に支払うべき金員は一切ない旨を,弁護士は不貞相手に直接伝えて交渉をしました。本来支払うべきものはないとの認識でしたが,相手との交渉の結果,20万円を支払えばすべて終わりにするという回答を得られたので,相談者様の了承を得て20万円を支払う代わりに,口外禁止・相談者様の親族等への接触禁止・LINEや写真の削除・20万円の支払義務を除き何ら支払うべきものはない旨の清算条項を内容とする合意が成立しました。

(ポイント)不貞相手からの高額な慰謝料・手切れ金・恐喝への対応を一人で抱えることは精神的に苦しいかと思います。一人で抱え込まずに相談をしてみてください。