解決実績

(解決実績)訴訟で不貞行為を理由に慰謝料350万円請求されていたが,100万円に減額できた例

相談者様は妻子のある男性と不倫関係に陥っていたところ,それを探偵を通じて知った相手方である妻は夫と離婚するとともに相談者様に

350万円の慰謝料請求を弁護士を通じてしてきました。

独力で相手方の弁護士と戦えない相談者様は当事務所に相談をされました。

弁護士は,相手方の妻が相談者様の不倫より前に不倫をしていたことから,本件は婚姻関係破綻後の不貞であることを主張して,探偵費用相当額の解決金50万円での

解決を相手方に提案しましたが,相手方は離婚慰謝料の相場である200万円以下の提示では納得せず,訴訟提起をしてきました。

訴訟においても同様の主張をし,平行線をたどりましたが,相談者様が早期解決を希望されたこと,また,不倫相手の夫が相手方の不倫相手に慰謝料請求をすることを交渉の材料として

100万円を相談者様が相手方に支払う形で訴訟としては比較的早期に解決ができました。

解決にかかった期間は依頼から4月でした。