(解決事例)婚約破棄を理由に高額な慰謝料請求をされたところ,大幅な減額に成功した事例

相談者は婚約破棄を理由に元交際相手から350万円の慰謝料請求の裁判を起こされていました。相談者は仕事の関係で裁判に出廷することが困難であったために弁護士に裁判対応を依頼しました。

依頼後,そもそも本件では婚約が成立していないから慰謝料請求は認められない旨徹底的に主張をしました。
その結果,裁判所から80万円の和解案がでて,相談者も裁判所に行く暇がなかったことから相談者の意思を尊重して80万円の和解で終結しました。

当事務所では,不貞行為を理由とする慰謝料案件だけでなく,婚約破棄の慰謝料案件も対応可能です。
婚約破棄の案件については婚約が成立しているのか,婚約破棄に正当な理由があるのかを慎重に検討する必要があります。
また,裁判を起こされても,弁護士に依頼をしたうえで和解で終結することができれば相談者様は裁判所に行かなくてすみます。

婚約破棄案件についても不貞・不倫慰謝料減額案件と同様の料金体系です。

すなわち,着手金27万円で,この金額には消費税・裁判対応の費用・交通費・日当等の実費がすべて含まれており,27万円以外に別料金を弁護士に支払う必要はありません。また,減額保証制度が適用され,着手金相当額である27万円を超えて慰謝料の減額ができなかった場合にはいただいた着手金は全額返金します。なので,弁護士に依頼をしても経済的に損はありませんので,当事務所を選択していただければと思います。

対応可能地域は宮城県・山形県・福島県・岩手県となります。