解決実績

(解決事例)不貞相手から150万円の慰謝料を回収した事例

配偶者が不貞行為を1年間1程していたことが発覚したために相談者様は不貞配偶者と離婚をし,不貞相手に

慰謝料請求をされることを希望して来所されました。証拠は不貞相手の自白の録音のみでした。

不貞相手は家庭内別居状態で不貞関係に入る前から婚姻関係は悪化していたとして解決金として50万円を超えてなかなか払おうと

しませんでしたが,破綻後の不貞の抗弁は裁判において中々認められないことを説得して最終的に不貞相手から慰謝料150万円を

回収することに成功しました。

依頼から解決までの期間は約3月です。