【解決実績】不貞行為を理由に慰謝料350万円を請求されていたが,100万円に減額できた事例

【相談前】

相談者様は妻子ある男性と不倫をしていましたが,不倫が発覚し,相手は離婚に至ってしまいました。

その後,不貞行為により離婚に至ったとして350万円の慰謝料請求をされてきました。

【相談後】

弁護士が事情を聞き取ると,不倫が発覚する前に相手方との間では既に離婚協議が進められ,子の受験が終わるまでは離婚時期を

先延ばしにしていたとのことであり,不倫発覚は離婚協議が煮詰まった後とのことでした。

そのため,不貞行為と離婚との間に因果関係はないと主張し,最終的には早期解決の観点から100万円の支払いで解決することになりました。

【コメント】

不貞行為により離婚に至った案件では200万円程度の慰謝料額が認められることが多々ありますが,事件特有の事情を適切に主張していき,

相場にとらわれない解決を目指していくことが重要です。

【解決事例】不貞相手から慰謝料150万円・妻からの慰謝料100万円の獲得

【相談前】
妻が別の男性と不貞をしたために、離婚を決意した男性からの相談です。
男性は、妻とは交際時から婚姻中も、特に問題になることもなく、円満に過ごしてきました。
ところが、男性が自宅を購入し、多額のローンを負うことになったために、長時間の仕事をするようになった頃から、妻の様子がおかしくなってきました。
男性が妻の様子を不審に思い、最近の生活状況を問いただしたところ、妻は別の男性と不貞をしていたことを認めました。

【相談後】
当事務所でお話をうかがい、男性が妻と離婚する意思があるかどうかを確認したところ、不貞をした妻に対する信頼関係は無くなったとのことで、離婚を選択することになりました。
その上で、妻と不貞相手の男性に対する慰謝料請求をする強いご希望があったことから、2人に対する慰謝料請求に向けて手続を進めていきました。
その結果、不貞相手から慰謝料150万円、妻からは慰謝料100万円を支払ってもらうことで最終的に解決に至りました。

【コメント】
不貞行為に対する慰謝料請求では、不貞行為をしたことが立証できるかどうか、また不貞行為が行われる前に婚姻関係が破綻していたかどうかなどの争点があります。
本件ではこれらの争点が問題となることはありませんでしたが、不貞行為に対する慰謝料請求は決して簡単に認められるわけではありません。
また、不貞行為を行った相手方に対する慰謝料請求では、どの程度の慰謝料額が認められる見通しが立つのかも検討する必要があります。